ビットコインが有名な仮想通貨ですが、他にもアルトコインと呼ばれるものが多数存在しています。
そのため投資通貨を決めるのは慎重にならないとなりません。
通貨の信頼性や優位性、企業の将来的な拡大の見込み、購入の基盤も大切なとります。
アルトコインの場合、簡単に100倍以上になることもありますが、詐欺に近いものや、技術面で不足していることもあるので、
長期保有する際には技術面や信頼性、もちろん知名度も他の通過と慎重に比べる必要があります。
数ある仮想通貨ですが、結局残っていくのは実用性がある企業や金融機関、政府のものとなるので、大手の企業などの方が実用化する可能性が高いといわれます。
ビットコインが分裂をした際初めて出来たのがビットコインキャッシュです。
こちらはビットコインの問題を解決する為に出来たコインなので、セキュリティの強化に力を入れており、ビットコインネットワークへ攻撃してくるハッカーのリピレイアタックなどの対策が万全なので、安心して利用できます。
また、ブロック容量がビットコインの8倍もあり、通貨スペックとしてかなり高いので、処理速度が圧倒的に速く取引量が多くなっても対応できます。これらのことからビットコインキャッシュはビットコインの正統派と言われています。
仮想通貨時価総額ランキングでビットコインと共に上位変動していないのがイーサリアムです。
イーサリアムも大手取引所で取り扱いをしているので、知名度も高く、今後もさらに注目されていくでしょう。
スマートコントラクトというシステムを使うことで契約情報を記録していく機能のことで、履行条件や契約情報までもをブロックチェーンに記録し、サイバー攻撃から情報改ざんを防止したり、契約の効率化を図っています。最適な案内をしてくれるのも魅力です。
ビットコインではプルーフオブワークを導入していますが、こちらはコンピューターを購入するなど設備投資が必要で、お金の掛かるものでしたが、設備投資が不要で新規参入しやすい様プルーフオブステークという物をコンセンサスアルゴリズムに導入予定で、これによって富豪ばかりが集まるという流れを防ぎます。更にマイニングのための電気代高騰を防いでくれるとも言われています。
ただ、保有しているだけで利息が増えるので、長期保有する人が増え流動性が低下する可能性があるのが課題とされています。
有名なビットコインは取引が‘P2Pネットワークで行われる為、管理者がおらず参加者が直接取引をします。
参加者全てのパソコンに取引が記録されるブロックチェーンという取引台帳があり、管理者なしでも透明性のある取引が出来るのが特徴です。
いくつかのブロックがチェーン上に繋がれていくブロックチェーンですが、新しくブロックを作るには正当な物か見定めて承認するマイニングと呼ばれる承認作業を通かしないといけません。
マイニングはアルゴリズムの計算をいち早く解き、新しいブロックを認証することができ、報酬として新しいブロックのビットコインがもらえます。
ビットコインは法廷通貨より送金手数料が安く、24時間送金や買収が可能なので、海外に送金する際にはおすすめでが、ブロック容量が1MGと決められているため、取引が増加すると送金速度が低下するのが問題視されています。
それに対しリップルは国際送金速度が速い上決算手数料がやすく、どのような通貨にも交換できます。
リップルは海外送金ソリューションリップコネクトが運用しているので、早く取引が出来るのです。
また、世界の大手金融機関15社と提携を結んでおり、あのグーグルも出資していることから信頼性が高くなっています。
2011年に発表されたライトコインは派生版仮想通貨と呼ばれ、近年急激に価格高騰した人気仮想通貨です。
ビットコインと同じブロックチェーンを利用する仕組みですが、決算速度はビットコインの4倍の速さで出来るためビットコインと同様に仕組みの中での問題点を解決しているので、通貨としてライトコインの方が使いやすいとされています。
また、ビットコインの価値は高騰しやすいですが、ビットコインよりライトコインの方が価格が安いので買いやすくなっています。
マインニングもより多く採掘出来るのでコスパがいいのも特徴です。
経済に新しい改新を目的とした新しい経済運動をプロジェクトとしたネムでは、すでに投資家に振り分けられている為マイニングで今後新規発行されることがなく、報酬亜はハーペスティングという独自の方法になっており、日本人が開発に加わっているので日本人には人気がもっとも高い仮想通貨です。
ブロック生成時間が早いのが特徴で処理スピードも速く、今後日常的に通貨が利用されるようになると活躍の可能性を大いに秘めています。
ネムは利用者全ての人と監視し出来るEingenTrust++を導入しているため、不正な承認作業が出来ずスパム防止の仕組みがあるため、セキュリティ度が高く安全だといわれています。
色々な種類の通貨が出ていますが、儲かるためには随時勉強していかなければなりません。
今後も新たに伸びてくる物が出てくることでしょう。